守る

可愛らしさや女性らしさを引き立たせるナース服多数ご用意しております。ぜひお気に入りのアイテムを見つけましょう
個性的なスクラブや白衣を作りたいならこちらの業者がおすすめですよ!すごくこだわりの感じられるデザイン性の高いものに仕上げてくれるんです!
介護に欠かせない介護エプロンを購入したいならこちらの専門店のサイトを見てください。色んな形の動きやすいエプロンが販売されていますよ。

白衣と介護エプロン。この二つの共通点とはいったい何でしょうか。

白衣は病院の先生や、科学者がよく着ているイメージがあります。そういえば、ドラマでも福山さんが白衣を着ていましたよね。禁煙のCMでも小西さんが白衣を着ています。
介護エプロンは、介護に携わったことがない人にはどんな時に使うものかあまりイメージできないかもしれません。介護エプロンは老人ホームなどで使用されるものです。利用者さんがお食事の時に使用するものと、介助者が使うものがあります。介助者が使うものの方は、利用者さんのお食事を調理する時や配膳を行う時に使用します。
また売れ筋の介護エプロンは入浴介助用のエプロンだということです。入浴の介助をしていますと、飛び散った水と汗で制服がビチョビチョになります。そのため食事の時だけでなく、お風呂の時にも介護エプロンが利用されているのです。

服は着ている人を守ります。そして白衣と介護エプロンに関しては、患者さんや利用者さんを守る意味もあるのです。

病院内でも、老人施設内でも、とにかく清潔が命です。そこでは不潔は敵であり、白衣の白は汚れが目立ちやすい色なのはそのためではないでしょうか。白い服は汚れが目立ちます。そのためわずかな血液の色でも布が染まりますので、衣服の汚れに気付き、院内感染が防げるためだと考えています。
介護の現場でも衛生面には大変気を配っていますから、白衣と介護エプロンには「着ている人と、関わる人を守る」という共通点があるように思います。

相手を思いやる気持ちと仕事に対する意識が制服を生むのだと思います。制服を脱ぐとほっとするのは、責任を持って仕事をしていたからなのではないでしょうか。

Copyright(C)2013 真っ白な白衣とカラフルな介護エプロン All Rights Reserved.